BLOG

ブログ

イベント情報

私の選んだ一品 -2017年度グッドデザイン賞審査委員セレクション

私の選んだ一品

2017年度グッドデザイン賞・ベスト100に選ばれた「ブルーシードバッグ」が、グッドデザイン賞審査員が、一人につきひとつだけ選ぶ、「私の選んだ一品」に選ばれました!

東京ミッドタウン・デザインハブ第69回企画展

「私の選んだ一品 -2017年度グッドデザイン賞審査委員セレクション」

会期 10月4日(水)~10月27日(金)11:00-19:00
会場 東京ミッドタウン・デザインハブ
入場料 無料
主催 東京ミッドタウン・デザインハブ
企画・運営 公益財団法人日本デザイン振興会

アートディレクション/グラフィックデザイン:廣村正彰
空間デザイン:中村隆秋
審査委員写真撮影 望月孝、神宮巨樹

詳細はこちら→http://designhub.jp/exhibitions/3332/

私の選んだ一品

お知らせ

「ブルーシードバッグ」 が「2017年度 グッドデザイン賞 」を受賞!さらに「ベスト100」にも選定!

22197905_10209763367712214_740955710_o

「ブルーシードバッグ」が「2017年度 グッドデザイン賞 」を受賞!さらに「ベスト100」にも選定!

震災で使われたブルーシートを洗浄・加工しバッグとして販売した売り上げの一部を熊本県内に寄付するというプロジェクト全体で受賞。

一般社団法人ブリッジ熊本が、 このたび2017年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)及 び「グッドデザイン ベスト100」を受賞しました。 「ブルーシードバッグ」 は震災で使用されたブルーシー トを悲しい思い出に終わらせたくないという思いのもと、 使用済みのブルーシートを洗浄・加工しバッグとして 販売した売り上げの一部を熊本県内に寄付するという活動に取り組んだ結果、 高く評価されました。 当団体では 今回の受賞を契機に熊本震災で学んだことを、 「ブルーシードバッグ」の販売拡大を図りながら、 認知促進する 活動を積極的に務めてまいります。 ※「グッドデザイン・ベスト100」と2017年度グッドデザイン賞受賞対象の中で、 審査委員会により特に高い評 価を得た100件です。

22197905_10209763367712214_740955710_o

http://blueseedbag.com/

□製品概要

スクリーンショット 2017-10-04 1.11.01(2)

「ブルーシートをブルーシード(復興の青い種)に」

ブルーシード03

熊本地震によって、 大量に発生したブルーシートを回収・洗浄・縫製しリサイクルバッグを作り販売することで 、 震災を象徴とするブルーシートをポジティブなイメージに転換し、 長期化する被災地への関心の風化を防ぐた めのプロジェクトです。
売上の一部は熊本震災支援プロジェクト「BRIDGE KUMAMOTO」の運営費および被災地への支援金(復興の種 ・シード)とさせて頂いております。

※トートバッグは熊本発の小ロットアパレル生産のスタートアップ「 sitateru(R)」( http://sitateru.com )との共 同開発です。

ブルーシード04

価格 3900円(税込み) サイズ 高さ30cm幅33cm奥行き15cm

▶BLUESEEDBAG公式HP http://blueseedbag.com/

□ デザイナーからのコメント

デザイナー:佐藤かつあき

「デザインは世界を変える」と本気で信じています。 デザインは平等です。 僕たちのような、 何の後ろ盾もない 、 資金力もない、 無名の小さな団体でも、 デザインを武器に、 みんなで知恵を絞って行動することで「グッド デザイン賞ベスト100」という大きな賞を受賞することができるのです。 このことは、 柴田文江審査副委員長の 「グッドデザイン賞は権威ではない」という一言に表されていると思います。 「デザイン」は特別な人たちだけ の特別なモノではないのです。 今回の受賞が、 被災地でいまだ大変なご苦労を強いられている人たちの励みに、 少しでもなれればと思います。 また、 被災地のために尽力してくれる仲間と受賞できたことを、 本当に嬉しく光栄に思います。 ありがとうございました。

□ グッドデザイン賞審査委員による評価コメント

熊本地震の被災を象徴するブルーシートをトートバッグにリメイク することで復興の種とするプロジェクト。 モ ノの意味を転換して地域に希望をもたらし、 地域外と繋ぎ、 支援にしていく、 大変優れた取り組みのデザイン である。 被災地への寄付、 地域に落ちる工賃、 運営費のバランスも優れている。 ブルーシートの様々な使用状 況によってダメージデニムのようにバッグの個性が作られていくこと、 企業ロゴなどが入れられ広く支援に参加 しやすくなっていること、 崩落した阿蘇大橋をイメージした支援の架け橋のロゴなども高く評価された。

~ BRIDGE KUMAMOTOについて ~

今回の地震被害の中でも、 特に印象的である阿蘇大橋の崩落に市民は大きな衝撃を受けました。 それでも、 決 して絶望することなく、 「すぐには本物の橋をかけることはできない。 でも、 創造の橋はすぐにでもかけられ る。 」、 「橋がなくなっても私たちは繋がっている。 」という思い想いと、 「県内外との支援の『架け橋』に なりたい。 」という思いを込めて「BRIDGE KUMAMOTO」と名づけました。
「熊本地震で被災した、 モノづくりに携わる人たちや小規模事業者は、 将来の事業継続に大きな不安を感じてい ます。 この窮地をチャンスに転換させるためには、 外部だけの支援に頼らない、 自立した復興プランを考える 必要があります。
そして、 その復興プランを地元・熊本のクリエイターを中心に、 県外のクリエイターおよび支援者と共創するこ とで「熊本の創造的な復興」の架け橋になる。 それが”BRIDGE KUMAMOTO“です。

■グッドデザイン賞受賞展

「GOOD DESIGN EXHIBITION 2017」に出展 本年11月1日(水)から東京ミッドタウンで開催される、 最新のグッドデザイン全件が集まる受賞展「GOOD DE SIGN EXHIBITION 2017」において、 ブルーシードバッグが本年度受賞デザインとして紹介されます。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2017 会期:11月1日(水)~11月5日(日) 会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木) http://www.g-mark.org/gde2017/

さらに、 2017年度グッドデザイン賞審査委員が、 一人につき、 ひとつだけ選定する「私の選んだ一品」にも選 出されました。 「グッドデザイン賞受賞展」にさきがけ、 「東京ミッドタウン・デザインハブ」で、 いち早く 一般公開されます。

22171673_10209763394672888_784745470_o

団体について

【Q&A】ブルーシードバッグでよくある質問

全体のことについて

Q.ブルーシードバッグって何?
A.熊本地震で使われたブルーシートをリユースしたバッグです。シートとシード(種)をかけて、熊本復興の青い種になればいいなと思います。

Q.企画しているBRIDGE KUMAMOTOって何?
A.「創造力は奪えない。」をコンセプトに、地震で壊れてしまった阿蘇大橋に変わって日本中にはしを架けようと、熊本地震をキッカケに集まった県内外のクリエーターの集団です。全員別で本業をもちながら合間の時間で活動しています。
メンバーやその他の活動の様子や企画についてはHPやFacebookページをご参照頂ければと思います。
ホームページ http://bridgekumamoto.com/
Facebook https://www.facebook.com/bridgekumamoto/

お金のこと(価格設定、寄付額等)について

Q.なぜ3900円なの?
A.サンキュー価格です。というダジャレは置いておいて、リサイクルバッグが1個3,900円は私たちも確かに高いと思います!しかし、私たちにお金がないため、1万個とかの大量生産ができず、100個ずつの小ロット生産になっておりこの価格にさせて頂いています。
価格の中身については後述のQ&Aへ

Q.寄付額はどれぐらい?
A.販売価格の内訳としましては、「寄付額20% 生産コスト50% 活動費30%(中には「うちのお店で取扱いたい」という方がいらっしゃるので、その時には、7掛けから8掛けで卸しますので、販売者様の利益になる場合もあります)」です。

Q.寄付した様子や活動の内容を知りたい。
A.ウェブやFACEBOOKページで随時更新しています。ぜひ「いいね!」していただき、厳しくチェックして頂きたいと思います。
https://www.facebook.com/bridgekumamoto/

Q.生産はどこがしているの?
A.メイドイン九州にこだわって、熊本のシタテルさんに生産管理と、大分県竹田市の竹田被服さんの縫製をしていただいています。中国生産とかになれば、もっと安くできると思いますが、それだと根本的に話が違ってくると思い、メイドイン九州にこだわりたいのです。

Q.IKEAとかFREITAGってのも有るよね
A.「IKEAみたい!」ってコメントしてくれた方!鋭い!IEKAのバッグはけっこう研究しました。ハンドルの作りが難しくて断念しましたが笑
あと、FREITAGも意識しています!あんなにカッコよくはできませんでした汗。ブルーシートの限界ですね。

ご購入に関して

Q.ブルーシードバッグを購入したいです。
A.在庫があれば、、、こちらのwebショップでご購入頂けます。
http://blueseedbag.com/

Q.ブルーシードバッグが完売してるのですが、購入したいです。
Q.ブルーシードバッグの予約したいです。
Q.いつごろ販売しますか?

A.沢山の方からご購入頂きたいのですが、生産が月に100-200程度(201709現在)です。増産もときどき検討していますが、手作業でひとつひとつ洗って作っているため、安定的な個数の確保&大量生産が難しく、悩んでいます(笑)そんな状況なのでご予約もお受けすることができません。
ただ販売再開のご連絡は、以下の情報配信にご登録頂けましたらご連絡いたします。
https://goo.gl/vRv7qL

お手伝いについて

Q.何かお手伝いやボランティアしたいです!
A.バッグを作るにあたって、改修、カット、洗浄、縫製とあるのですが、洗浄とカットをイベント及びワークショップとして日本各地で行うことがございます。イベントの実施につきましても、以下の情報配信にご登録頂けましたら、ご連絡いたします。
https://goo.gl/vRv7qL

コラボのご希望に関して

Q.ブルーシードバッグを販売したい
A.ありがとうございます。非常に多くお問い合わせ頂くのですが先に記載しましたコストの部分から儲かるというレベルにはなりにくいですが、それでもよければ大変ありがたいです。ご希望の個数によって、割引いたしますので、ホームページの下部にあるCONTACE MEからお問い合わせください。
http://blueseedbag.com/

Q.コラボモデルってあるらしいですね。
A.ロゴのプリントを独自のものに変更したコラボモデルもご相談承っております。過去のコラボモデルは、防災ガール、青山学院、エニタイム、大牟田市ジャー坊、鳥取コラボなどのロゴをあしらったものを作製しております。
詳細は次のQ&Aをご参照ください。

イベント情報

熊本城AKALI TO LIVE 2017

熊本城アカリトライブ2017

熊本地震復興支援
熊本城アカリトライブ 2017

8月6日(日)17時開場/18時開演/21時終演※タイムスケジュールは変更になる場合がございます。
熊本城二の丸広場ステージ
入場無料
スタンディング

出演アーティスト
GAKU-MC
大黒摩季
Salyu
ベリーグッドマン
東田トモヒロ
タイチジャングル

熊本城アカリトライブ2017

イベント情報

熊本市長 大西一史氏・ロンドンブーツ1号2号 田村淳氏・CAMPFIRE 家入一真氏による、 熊本の未来を考える公開作戦会議「僕らの未来に、なに創る?」を開催します!

私たちBRIDGE KUMAMOTOが「熊本のクリエイティブの力を結集して、未来を創造する」をテーマに活動を始め、1年が経ちました。
この1年間で様々な取り組みを行ってきましたが、熊本を今よりもっと良い場所に、もっと楽しい場所にするために、国内のトップランナーをゲストに、「僕らの未来に、なに創る? -Bridge Meeting Vol.0-」と題した、公開作戦会議を開催します。
国内のトップランナーの視点を交えながら、熊本のこれまでを振り返り、一緒にこれからを考えましょう。
そして、今回の集まりが、ただ話しただけで終わるのではなく、何かが生まれる、動き始めるきっかけにできるよう頑張ります。
みなさま、ぜひご参加ください!!

今回のゲストは
●熊本市長 大西一史氏
●ロンドンブーツ1号2号 田村淳氏
●株式会社CAMPFIRE 代表取締役社長 家入一真氏
そして、モデレーターは、
・池田親生 一般社団法人チーム熊本 代表理事
・三城賢士 一般社団法人BRIDGE KUMAMOTO 理事
が努めます。

【開催詳細等】

◼日程
2017年6月5日(月) 19:30-21:00 |19:00受付開始

◼会場座 
「桜の馬場 城彩苑 多目的交流室」観光案内所2F 
住所:熊本市中央区二の丸1番1-1号
Webサイト:http://www.sakuranobaba-johsaien.jp/

◼参加費(企画協力費)
前払い:2000円
お申込みはコチラから→https://bridgekuma.thebase.in/

※イベントの運営経費を差し引いて、残りは熊本城復興のため寄付させていただきます。

◼定員
160名

◼主催
一般社団法人BRIDGE KUMAMOTO

◼開催協力
一般社団法人チーム熊本

■協賛
株式会社九州エネルギー開発
株式会社セイカホーム
弁護士法人田中ひろし法律事務所

イベント情報

熊本地震から1年「#はしチャレ」どうやって参加できるの?

はしチャレに関して、大変多くのお問い合わせをいただきましたので、詳しいご案内です!

yoko2

開催の目的

あの日から1年が経ち、多くの方に支えられて様々な企画を行うことができました。
その中で大切だと思ったことは、「熊本とつながってる」とおっしゃって頂けるということです。今回の企画を通じて、更にクマモトのことを知っていただき「熊本とつながってる」ということを伝えて行ければと思いました。

「熊本地震で落ちてしまった本物の阿蘇大橋をかけることはできないけれど、私と熊本の創造的な橋をかけることができる」

やって頂きたい事

  1. 赤い糸であやとりの三段はしご(つくりかた動画をこの記事の一番最後にUPしています)をして頂く
  2. SNSなどで「#はしチェレ」と記載しその写真をアップして頂く
  3. もしご都合が付けば15,16日に東京及び熊本で行うイベントへご参加頂く

ということです。このあやとりの橋を通じて、「熊本地震で落ちてしまった本物の阿蘇大橋をかけることはできないけれど、私と熊本の創造的な橋をかけることができる」という気持ちを伝えられればと思います。
詳しい詳細は以下です。

東京の無印良品 有楽町でのイベント

日時:2017年4月15,16日 10時〜17時
場所:無印良品 有楽町店 (アクセス:https://www.muji.com/jp/shop/045480
内容:

  • フォトスタッフがあやとりの作り方をレクチャーします。
  • あやとりを作ったポーズの写真を撮らせていただきます。
  • 集めた写真はウェブサイトにアップします!

今回のはしチェレ以外にも

  • 熊本の特産品の販売
  • キッチンカーによる熊本の郷土料理やお酒の提供
  • スロージェラートの販売
  • 子供が主役のお絵かきゲームなどのイベント

が開催されています!

【主催】一般社団法人がんばるけん熊本機構
【協力】MUJI有楽町
【協賛】株式会社ネスパDD、一般社団法人AppLEAGUE、熊本居酒屋 新市街、Cepro(チェプロ)
【後援】熊本市、東京熊本県人会

▶イベントの詳細 OPEN MUJI 有楽町:http://www.muji.com/jp/events/tokyo/

熊本のイオンモール熊本でのイベント

日時:2017年4月15,16日 10時〜17時

場所:イオンモール熊本 2階タリーズコーヒー前のイベントスペース (アクセス:http://kumamoto-aeonmall.com/static/detail/access

内容:

  • フォトスタッフがあやとりの作り方をレクチャーします。
  • あやとりを作ったポーズの写真を撮らせていただきます。
  • 集めた写真はウェブサイトにアップします!

▶イベントの詳細 イオンモール熊本:準備中

各種SNSでのハッシュタグ「#はしチャレ」での参加

ご自身のSNSに写真をUPしていただき、その投稿文に「#はしチェレ」(#の前にはスペースを入れてください)を記載すると、その投稿が、「はしチャレ」と検索すると見れるようになります。

私達BEIDGE KUMAMOTOでもまとめて写真にしたりUPしたりしようと思っています。

▼三段はしごのつくりかた

BRIDGE KUMAMOTO各種SNSはこちら

イベント情報

あやとりチャレンジはじめます!

1

2

阿蘇大橋が失われた熊本地震から1年。

熊本はまだあなたとつながっていたい。

本物の橋をかけることはできないけれど、創造の橋はかけることができる。

BRIDGE KUMAMOTOのシンボルでもある、あやとりの橋(三段はしご)を作った写真を集めます!

企画に賛同いただいた無印良品様のご厚意で、4月15日(土)と16日(日)に無印良品 有楽町にフォトブースを設置!

20170408追記! イオンモール熊本でも開催が決定しました!

スタッフがあやとりの作り方をレクチャーします。そして、あやとりを作ったポーズの写真を撮らせていただきます。
その写真をたくさん集めようという企画です!集めた写真はウェブサイトにアップします!

会場に来られない方は、ハッシュタグ「#はしチャレ」を付けて、あやとり(三段はしご)を作った写真をインスタグラム・Facebook・Twitterのいずれかにアップ!ハッシュタグの付いた投稿を集約して、ブリッジクマモトのウェブサイトにアップします。こちらの応募期間はもちろんありません!

日本中のみんなで創造の橋をかけましょう!

三段はしごの作り方はこちら(簡単!あやとりレッスン様)の動画が分かりやすいです!

 

無印良品 有楽町でのイベントについて

【主催】一般社団法人がんばるけん熊本機構
【協力】MUJI有楽町
【協賛】株式会社ネスパDD、一般社団法人AppLEAGUE、熊本居酒屋 新市街、Cepro(チェプロ)
【後援】熊本市、東京熊本県人会

イベント情報

BRIDGE KUMAMOTOの最新情報はこちら

こちらのホームページの更新よりもFacebookでの更新が最近多いです。

最新の活動や、動画などはこちらのFacebookPageからご確認いただけれと思います。

▼Bridge Kumamoto Facebook Page

https://www.facebook.com/bridgekumamoto/

fb_icon_325x325

イベント情報

イオンモール熊本にて、光る絵本「えんとつ町のプペル」展及び キングコング西野亮廣トークショー&サイン会を開催いたします。

この度、2017年春に西エリアオープン予定のイオンモール熊本で、「えんとつ町のプペル」光る絵本展inイオンモール熊本2017年3月4日から19日まで開催いたします。 それに伴い3月4日にキングコング西野亮廣トークショー&サイン会を行います。

東京で2万3000人を動員し、熊本で初開催となる今回の絵本展では、細密描写を得意とする西野亮廣氏の細部までこだわった原画の魅力のわかる60cm×60cmの大きなサイズに引き伸ばした「光る絵」や、制作過程がわかるパネルなども展示いたします。
本展示会は、昨年行われたクラウドファンディングにて展示会およびトークショーの開催権利を落札しており、その元で開催致します。
poupelチラシ1

【えんとつ町のプペルとは】

絵本「えんとつ町のプペル」は、キングコング西野亮廣が4年半を費やした絵本で、Amazonの人気書籍ランキングで1位を記録。絵本は1万部売れたらヒットと言われる中、既に26万部(2017年2月9日時点)のベストセラーとなっております。
またこの絵本展の開催に先立って行われたクラウドファンディングでは、6257人から46,373,152円の日本最大の支援人数を達成しております。
スクリーンショット 2017-02-19 00.15.26

【キングコング西野亮廣トークショー&サイン会について】

◼︎開催日時
2017年3月4日(土)

  • トークショー:12:00〜13:30(開場11:00)
  • サイン会  :トークショー終了後

◼︎会場

トークショーについて

クラウドファンディングの支援者様には、招待席をご準備しております。 なお、このクラウドファンディングは、終了しております。

サイン会について

トークライブ終了後に作者の西野亮廣さんのサイン会を行います。(定員あり)※時間に限りがありますので、途中でお断りする場合があります。

ピン宣材

【「えんとつ町のプペル」光る絵本展inイオンモール熊本について】

◼︎概要
イオンモール熊本 2階 イオンホールにて2017年3月4日から19日まで、光る絵本展を開催します。入場料500円(中学生以下:無料)にてご覧いただくことが可能です。また様々なオリジナルグッズなども販売致します。

◼︎会場
イオンモール熊本 2階 イオンホール
住所:熊本県上益城郡 嘉島町大字上島字長池2232
会場へのアクセス:http://kumamoto-aeonmall.com/static/detail/access

◼︎開催期間
2017年3月4日(土)〜2017年3月19日(日)
9:00〜20:30 (最終入場20:00)
※状況により営業時間の変更や入場制限をさせていただく場合があります。
詳しくは、Bridge KumamotoのSNSでお知らせします。

◼︎入場料
高校生以上:500円
中学生以下:無料

プペル絵.001

【クラウドファンディングにてご支援頂いた方】

スクリーンショット 2017-03-03 11.16.15

今回の絵本展とトークショーは、クラウドファンディングで沢山の方の支援をいただいたおかげで開催することができました。

「Webに名前を掲載」の権利を購入していただいた方のみ、アカウント名を掲載させていただきます。

  • HanaUta様
  • Hiroki Yayama様
  • Lethot_Ton様
  • Yuichiro1020様
  • Ryoko713様
  • TsukiKosho様
  • sora0516様
  • Mitsue3様
  • Shinya Ogura様
  • Miyuki Kanda様
  • Izumi Kosaka様
  • hakkai様
  • kouno_acw様
  • yuki714yuki714様
  • yuda miho様
  • aromahalo1様
  • Asami Ogawa様
  • miyabio様
  • keikooshima様
  • UeharaChikako様
  • daddy51様
  • Ruka Takeuchi様
  • kazukazz様
  • tumorin様
  • Yorito Nakano様
  • Hiraoka Ayumi様
  • uenotoshiyuki様
  • hiko_001様
  • shnsk様
  • JunichiNishijima様
  • Akira Maeda様
  • rnakashima様
  • Kiwad様
  • lukacca様
  • nfujiwara様
  • harusaku63様
  • polarstern様
  • poooh様

アカウント名を掲載させていただいた方以外にも沢山の方の支援をいただきました。 皆様ありがとうございました。熊本でお会い出来ることを楽しみにしております。

【主催・特別協賛・協力】

◼︎主催:Bridge Kumamoto
◼︎特別協賛:イオンモール熊本
◼︎協力:TKU

【主催団体「Bridge Kumamoto」について】

d89721c4-b86a-4ef3-a28d-b7f8668d3fa2
「創造力は奪えない。」を合言葉に
熊本のクリエイティブの力を結集して未来を創造します。
#bridgekumamoto
わたしたちと、あなたは、つながっている。
絵で、
文字で、
音楽で、
写真で、
踊りで、
芸で、
テクノロジーで。
災害は大切なものを奪っていく。
でも、災害に創造力までは奪えない

【お問い合わせ】

Bridge Kumamoto(担当:井上)
メールアドレス:info@bridgekumamoto.com
Facebook   :https://www.facebook.com/bridgekumamoto
Twitter    :https://twitter.com/bridge_kumamoto

イベント情報

JAL「どこかにマイル」の広告制作 

BRIDGE KUMAMOTOがJALの新サービス「どこかにマイル」の広告を制作しました。
JALグループ機内誌「skyward」、「AGORA」掲載広告および東京モノレール・京急線の各種交通広告、JAL機内ディスプレイでの30秒CFなどで展開。

鍋ヶ滝

鍋ヶ滝

アートディレクション+デザイン:佐藤かつあき
撮影(スチール+映像): 中島昌彦
撮影(ドローン空撮):稲田悠樹
制作: BRIDGE KUMAMOTO

kurokawa

tobishima

biei

次の記事へ