• STORY

六本木ヒルズでBRIDGE KUMAMOTOのイベントやります!

なんだかスゴイことになりまして、「BRIDGE KUMAMOTO」の説明会イベントが東京六本木で行われることになりました。以下概要です。当日の模様はこのウェブサイトでアップします!

 

※ ご参加にはチケットが必要です。以下サイトよりお求めください。1000円です。
http://eventregist.com/e/BRIDGE_KUMAMOTO

2016年4月14日夜に、熊本県で震度7の激しい揺れを観測した地震が発生して以降、16日には熊本県や大分県で震度6強や6弱の激しい揺れを観測するマグニチュード7.3の大地震が発生しました。

あの日から、約7週間が経過します。被害が大きかった地域では、未だ1万人以上の方々が避難生活を余儀なくされています。地震の影響で、多くの企業、飲食店、農林水産業が打撃をうけました。ボランティアの数は激減し、これからさらに地元の力で、復旧・復興を進めていかなければなりません。長い道のりです。そのような状況下で、熊本のクリエイターたちが立ち上がりました。

『どんな災害がおきたって、創造力は奪えない。
熊本の自然、産業を、クリエイティブの力で呼び戻したい

熊本地震で被災した、モノづくりに携わる人たち、特に小規模事業者は、将来の事業継続に大きな不安を感じています。この窮地をチャンスに転換させるためには、外部だけの支援に頼らない、自立した復興プランを考える必要があります。そして、その復興プランを地元・熊本のクリエイターを中心に、県外のクリエイターおよび支援者と共創することで、「熊本の創造的な復興の架け橋」となることを目指します。それが“BRIDGE KUMAMOTO”です。

キックオフ当日は、熊本からBRIDGE KUMAMOTOのメンバーが会場に参ります。さらに、熊本に想いを寄せてくださっている、林 信行さんと池田美樹さん、杉本真樹さんと三城賢士さんのトークセッションも予定しています。

ぜひ、共に、「創造的な復興の話」をしませんか。
会場でお会いできるのを楽しみにしています!

======《 開催概要 》======

◼︎ キックオフ会場:六本木アカデミーヒルズ オーディトリアム ( http://mice.roppongihills.com/ja/facility/ach/venue/adt )

◼︎ タイムスケジュール
19:00〜:受付開始
19:30〜:キックオフ開始
熊本の現状説明や現地クリエーターのご紹介
セッション⑴ 林信行さん×池田美樹さん
セッション⑵ 杉本真樹さん×三城賢士さん
みんなでKUMAMOTO企画会議!
22:10:キックオフ終了
※ 詳細の内容については、随時更新いたします。
※ 途中、10分間、5分間の休憩をはさみます。

◼︎ 参加人数:150名ほど(事務局、関係者含)
※現地熊本のクリエーターもSkypeで参加します!

◼︎ 備考:伊藤園さんからドリンクをご提供いただけることになりました。また、クッキー、チョコレートなどのリフレッシュメントをご用意させていただきます。

◼︎ 「みんなでKUMAMOTO企画会議!」について

いま、熊本では、このようなテーマを考えています。
中には実際に動き出しているものもあります。
ぜひ、皆さんと一緒にディスカッションし、
どんどん進めていきたいです!

◎ 結婚式が延期になってしまったカップルのための特別結婚
◎ 南阿蘇を元気にする音楽フェスの企画・運営
◎ 日本一大きなキャンプ場を使ったイベント
◎ 熊本の新しい観光プラン
◎ 出荷前のお酒が90%割れてしまった日本酒メーカーの打開策
◎ 窮地にある田植え前の田んぼ。急遽大豆を植えていますが、大豆を使った新しいプロダクト開発
◎ 赤札が貼られている古い建物、解体するにも2年待ちの状況。アートの力で明るくしたい!
◎ これからくる、大雨・台風にたいする雨漏りを楽しく過ごす方法
◎ 馬刺しの新しいビジネスモデル
◎ 熊本の新しい名物

などなど、10個くらいのテーマをご用意しています。新規の企画も大歓迎です!ぜひディスカッションにご参加ください!

◼︎ こんなひとに来て欲しいです!

・熊本の現状を知りたいひと
・東京にいながらスキルで熊本の支援をしたいひと
・一緒にプロダクトを作りたいデザイナー
・一緒に課題解決を考えたいプランナー
・一緒に新たなサービスを作りたいエンジニア
・各プロジェクトの中心になってくれるディレクター

正直、熊本のことが好きなひと、全員集合!
熊本に縁がなくても、気になったら来てください!

■会議の後はどうなるの?
KUMAMOTO会議で各プロジェクトに分かれて発表してもらった後、参加可能な方はそれぞれのプロジェクトの実行に向けて、引き続き参加していただくことも可能です。是非この会を始めとして、熊本を一緒に盛り上げて行きましょう。
======《 登壇者紹介 》======

◼︎ 林 信行(はやし・のぶゆき)さん

未来が(経済合理性一辺倒ではない)ステキなものになるように、テクノロジーとデザインの視点から幅広い領域について取材、執筆、講演、企画、コンサルティングを行なう(最近の主な領域は教育やアート、ファッション、医療・ヘルスケア)。東日本大震災以後、災害時におけるテクノロジー活用について取材しグーグル社公式ページに記事を掲載。ifs未来研究所外部研究員。著書多数。

◼︎ 池田美樹(いけだ・みき)さん

熊本市生まれ。熊本大学文学部在学中より(有)ウルトラハウスにて『タウン情報クマモト』の編集に携わり、卒業後入社。3年後、退職、上京ののち(株)マガジンハウスに入社。『Olive』『anan』『Hanako』『クロワッサン』等の女性誌の編集者を歴任したのち、現在デジタル・ライツ事業部にてコンテンツプロデューサーを務める。本業の傍ら、NHK深夜番組のMC、NHKラジオのコーナーパーソナリティなどメディアレギュラー出演歴多数。2013年より、東京と地域をクリエイティブで結ぶ「100人プロジェクト」を開始、昨年は熊本市でも開催。1998年より如月美樹という俳号で俳人としても活動中。

◼︎ 杉本 真樹(すぎもと・まき)さん

医師、医学博士、神戸大学大学院医学研究科 特務准教授。平成8年帝京大学医学部卒。帝京大学医学部附属病院外科、米国カリフォルニア州退役軍人局Palo Alto病院を経て現職。帝京大学客員教授、千葉大学客員准教授を兼任。
医用画像解析、低侵襲手術支援、生体質感臓器立体造形などの研究開発を通じ、医療ICT推進や医療機器開発、医工産学官連携、科学教育、人材育成を行っている。熊本県と崇城大学による起業家育成プロジェクトのスーパーバイザーを務めている。

《 BRIDGE KUMAMOTO 事務局メンバー 》
◼︎ 三城 賢士(みしろ・けんし)
CHIKAKEN 代表 / 一般社団法人 チーム熊本 代表理事

◼︎ 佐藤 かつあき(さとう・かつあき)
アートディレクター

◼︎ 稲田 悠樹(いなだ・ゆうき)
チーム熊本の整理屋、ドローンパイロット

◼︎ 大塚 智子(おおつか・ともこ)
東京事務局メンバー